• HOME
  • CART
  • MY ACCOUNT
  • CONTACT
  • GUIDE
  • SHOP
  • BLOG

3/28 - 布ナプキンの使い方 vol.2

2015/3/28

「量の多い時とか、少ない時とか、どういう風に使ったらいいの???』

 

前回に引き続き、布ナプキンの使い方。

第二弾は、具体的な使用方法におけるポイントを覚えてもらえたら嬉しいです。


 

そのポイントがこちら!!!

 

「量の多い時は厚めに!少ない時は薄くでOK!!」

 

このポイントさえ抑えてもらえれば、あとは簡単!!

かなり気楽に適当に使えちゃえます^_−☆

 

(左から)
*ハンカチーフナプキンを4つ折りにしてショーツにのせる。

一番のオススメは多い時にも一枚で使える「ワッフルハンカチーフナプキン

*2種類のハンカチーフナプキンを重ねて使う。
スナップナプキンだけで使う
*スナップナプキンとハンカチーフナプキンを重ねて使う。運動する時におすすめ。

 

 

touta.の布ナプキンの場合、こういう使い方ができるのは、あえて防水加工を施した生地(化学繊維)を使用していないから。

なので、ナプキン同士を重ねて使えるんです!

薄手のしかなければ重ねて暑くしたり、量により調節できるんですね〜。

 

多い時はちゃんと厚めにしておくこと。

そうすれば、絶対に漏れない。

 

しかも、素材はコットンだけなので、臭くないし、蒸れにくいし、肌にも負担が少なく、気持ちよく過ごせちゃいます。

 

はじめは誰もが心配ですよね。

不安だったらトイレに行って、自分の経血がどこまで浸透しているか、見てみればいいわけです。

あまり仕事中はトイレに行けないというのなら、使い捨てのナプキンを予備であてておけばいいわけです。

併用もありです!!

ストレスになってまで、布だけを使う必要はないのですから。。

でもでも、一度試してみれば本当にびっくりするぐらい簡単。
目からウロコ。価値観がぐるっと変わっちゃいますよ〜。

 

そして、防水加工は逆に、伝い漏れ、蒸れ、臭いの原因にも。。。。

ジップロックを想像してみるとわかりやすいかな???

結局のところ洗ってるうちにハゲたり破れたり、防水が弱まりますよね。

布ナプキンの場合、とくに洗って繰り返し使用するものなので、耐久力も落ちるというわけですね〜。

 

 

市販の使い捨てナプキンも、漏れますよね。

それもそのはず。

使い捨てナプキンは、自分の経血の状態や量を把握しにくいのです。

構成材料は、ポリエチレンやパルプなど、合成樹脂や合成繊維の加工品。

いくら薄くて吸収力や防水力は高くても、どこまで吸収してくれるのかわからない。

身体本来の感覚で、替えれないから替え時がわからない。

だから漏れし、伝い漏れをするわけですね〜。

 

さらには蒸れ、カブレ、臭い、まさにウ??チよりもひどい状況!?

汚物状態になってしまったナプキンは、一秒でも早く捨てたくなるのもあたりまえ。

 

本来、生理期間は女性としての大事なセルフチェックができる期間。

経血の状況や臭い、自分の身体の状況をチェックする時。

自分で洗って使える布ナプキンの場合、全てがセルフチェックに繋がるわけですね〜〜。

 

きゃ、、、
長くなってしまいましたが、まだまだウンチクはいっぱい語れるので、次回また違う観点から布ナプキンの良さをご紹介しま〜〜〜〜す。
 

ぜひぜひ、touta.の布ナプキンを使ってみてくださいませ?


次の記事へ / 前の記事へ


 
Top